TEL:0853-63-0787AM9:30〜PM17:00 休園日:火曜

宍道湖グリーンパーク 自然情報(2018年)

宍道湖グリーンパーク周辺の自然情報をお届けします。また園内には野鳥の好む実のなる木や多くの種類の樹木を植樹しています。植物については、自生、植栽を問わず掲載します。(2017年〜)
☆野鳥観察舎リニューアル工事のため、一部制限はありますが、園内散策は可能です。
ナワシログミ

ナワシログミ(グミ科)の花が咲いています

写真撮影:2018/11/17 更新日:2018/11/17

アキグミの果実が赤く熟す頃ですが、ナワシログミは花を咲かせています。

アカタテハ

アカタテハ

写真撮影:2018/11/15 更新日:2018/11/17

園内の看板にとまっていました。寒さのためか、カメラを近づけてもじっとしていました。

チャノキ

チャノキ(ツバキ科)の花が咲いています

写真撮影:2018/11/07 更新日:2018/11/07

チャノキの花が咲いています。花は白くて下を向いているものが多いので、あまり目立っていませんでした。

赤トンボ

大集結

写真撮影:2018/10/25 更新日:2018/10/26

よっぽど止まり心地が良かったのか、同時に6匹の赤とんぼが園内の看板に止まっていました。

オオカマキリ

オオカマキリ

写真撮影:2018/10/07 更新日:2018/10/08

ハラビロカマキリやチョウセンカマキリと比べると、園内で見かけることが少ないカマキリです。

ススキ

ススキ(イネ科)の穂が出てきました。

写真撮影:2018/10/01 更新日:2018/10/01

ススキの穂が風に揺れていました。

ヒガンバナ

ヒガンバナ(ヒガンバナ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/09/21 更新日:2018/09/21

草原ゾーンでヒガンバナの花が咲いています。

ハラビロカマキリ褐色型

ハラビロカマキリ褐色型

写真撮影:2018/08/30 更新日:2018/09/3

ハラビロカマキリは緑色の個体が多いのですが、たまに褐色の個体が現れます。立て看板の上でじっとしていました。

ヤマボウシ

ヤマボウシ(ミズキ科)の果実が熟し始めました。

写真撮影:2018/08/30 更新日:2018/08/30

ヤマボウシの果実に、赤く熟しているものが見られるようになってきました。

イボバッタ

イボバッタ

写真撮影:2018/08/30 更新日:2018/08/30

ホシザキ野生生物研究所の壁にくっついていました。今の季節は、園内でいろいろなバッタを見ることができます。

キリギリス

キリギリス

写真撮影:2018/08/09 更新日:2018/08/10

園路のわずかなすき間でキリギリスが産卵していました。

ハグロトンボ

ハグロトンボ

写真撮影:2018/08/08 更新日:2018/08/10

園内の森の中でヒラヒラ飛んでいることが多いトンボです。オスは金属光沢を帯びた美しいエメラルドグリーンの胴体を持ちます。

タコノアシ

タコノアシ(タコノアシ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/08/06 更新日:2018/08/06

タコノアシの花が咲き始めています。秋には果実が赤く熟してタコの足の様に見えます。

スズメ

スズメ

写真撮影:2018/08/01 更新日:2018/08/01

ヒバリを撮影していたらスズメも飛んできて、やっぱりくちをあけたまま歩いていました。

ヒバリ

ヒバリ

写真撮影:2018/08/01 更新日:2018/08/01

8月に入っても猛暑が続いています。日なたにいたヒバリはくちをあけて歩いていました。

コムクドリ

コムクドリ

写真撮影:2018/07/25 更新日:2018/07/31

グリーンパークでは、これまで春の渡りの時期にしか記録がなかったのですが、今年はなぜか7月に入ってから十数羽の群れがきていました。枝葉が広がっている木の上の方で虫をとっているみたいで、なかなか姿を見ることはできませんでしたが、それでも驚かさないようにじっと待っていたら1羽が近くまで来てくれました。

ホザキノミミカキグサ

ホザキノミミカキグサ(タヌキモ科)の花が咲いています。

写真撮影:2018/07/30 更新日:2018/07/30

ホザキノミミカキグサの花が咲いています。地下茎に捕虫嚢をもつ食虫植物です。

カルガモ

くちをあけているカルガモ

写真撮影:2018/07/20 更新日:2018/07/25

酷暑の中、園内の池では口をあけて少しでも熱を発散させようとしているカルガモが・・・。 サギのなかまやカワウが口をあけていかにも暑そうにしているところはわりと見かけますが、カモもするんだなぁと改めて思いました。

アオサギ

のどをふるふるさせているアオサギ

写真撮影:2018/07/20 更新日:2018/07/25


連日の暑さの中、ビオトープ池のくいの上でのどをふるわせていました。

タヌキマメ

タヌキマメ(マメ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/07/23 更新日:2018/07/23


タヌキマメの花が咲き始めました。花は昼頃から開き始めます。

アブラゼミ

アブラゼミ

写真撮影:2018/07/23 更新日:2018/07/23


うだるような暑さが続いていますが、セミたちは毎日元気に大合唱しています。

イヌエンジュ

イヌエンジュ(マメ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/07/14 更新日:2018/07/14


真っ青な空と強い日差しの中で、イヌエンジュの花が咲き始めています。

マサキ

マサキ(ニシキギ科)の花が咲いています。

写真撮影:2018/07/09 更新日:2018/07/09


マサキの花は小さくあまり目立ちませんが、たくさんの花をつけています。

ヒカゲチョウ

ヒカゲチョウ

写真撮影:2018/07/02 更新日:2018/07/02


雑木林の中で葉っぱにとまって休んでいました。名前通り、日陰で出会うことが多いチョウです。

ヤマモモ

ヤマモモ(ヤマモモ科)の果実が見られます。

写真撮影:2018/06/29 更新日:2018/06/29


ヤマモモの赤く熟した果実がたくさんついていました。

ミソハギ

ミソハギ(ミソハギ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/06/26 更新日:2018/06/26


ミソハギの花が咲き始めました。これから夏にかけて長い間、花を楽しむことができます。

ネムノキの花

ニホンアカガエル

写真撮影:2018/06/25 更新日:2018/06/25


雑木林ゾーンの林床で出会いました。グリーンパークの園内では見かけることが少ないカエルです。

ネムノキの花

ネムノキ(マメ科)の花が咲いています。

写真撮影:2018/06/23 更新日:2018/06/23


ネムノキの糸のような赤い花が咲いています。もうすぐ満開です。

ツバメシジミ

ツバメシジミ

写真撮影:2018/06/17 更新日:2018/06/18


グミの葉の上ではねをすりあわせていました。後ろばねから出ている細いしっぽのような突起がチャームポイントです。

クリ

クリ(ブナ科)の花が満開です。

写真撮影:2018/06/10 更新日:2018/06/10


クリの花が満開です。この白い花は雄花です。

タイサンボク

タイサンボク(モクレン科)の花が咲いています。

写真撮影:2018/05/31 更新日:2018/06/02


タイサンボクの花が咲いています。20cm以上のとても大きな花です。

シモツケ

シモツケ(バラ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/05/27 更新日:2018/05/31


駐車場横にあるシモツケの花が咲き始めています。

ツチイナゴ

ツチイナゴ

写真撮影:2018/05/29 更新日:2018/05/29


目の下の黒い線が特徴的なバッタです。成虫の姿で越冬するので、早い時期から成虫の姿を見ることができます。

センダン

センダン(センダン科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/05/15 更新日:2018/05/16


センダンの花が咲き始めています。

コムクドリ

コムクドリ

写真撮影:2018/05/10 更新日:2018/05/14


グリーンパークでは渡りの時期に現れるコムクドリ。いつも見られるという鳥ではありませんが、4〜5月はときどき?たまに?姿を見せてくれます。

エサキモンキツノカメムシ

エサキモンキツノカメムシ

写真撮影:2018/05/05 更新日:2018/05/09


野鳥観察舎の玄関前で出会いました。背中のハートマークがオシャレなカメムシです。

アキグミ

チョウジソウ(キョウチクトウ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/05/03 更新日:2018/05/03


湿地ゾーンにチョウジソウの花が見られるようになってきました。

アキグミ

アキグミ(グミ科)が満開です

写真撮影:2018/04/29 更新日:2018/04/30


湿地ゾーンのアキグミの花が満開です。

ベニシジミ

ベニシジミ

写真撮影:2018/04/29 更新日:2018/04/30


ぽかぽかの日ざしの中、園内の草原では多くのチョウが飛び回っていました。

ミサゴ

ザイフリボク(バラ科)が満開です。

写真撮影:2018/04/12 更新日:2018/04/15


新緑の中にザイフリボクの真っ白い花が目立っています。

ミサゴ

ミサゴ

写真撮影:2018/04/03 更新日:2018/04/04


湖岸近くを歩いていたら、ちょうどタイミング良く、 近くでミサゴが見事に魚を捕らえました。 フナでしょうか? しっかりつかんで飛んでいきました。ゴビウススタッフに見てもらったらやはりフナのなかまでした。

ナナホシテントウ

ナナホシテントウ

写真撮影:2018/03/31 更新日:2018/04/01


あたたかい日が続き、いろいろな虫たちが見られるようになってきました。

アマツバメ

アマツバメ

写真撮影:2018/03/27 更新日:2018/03/28


ビオトープ池の上空をイワツバメが数羽飛び交っていましたが、その中にアマツバメも2羽いました。

コガモ

コガモ

写真撮影:2018/03/27 更新日:2018/03/28


夏鳥のアマツバメが飛んでいる下には、コガモがいました。少なくはなりますが、4月中はまだ冬鳥のカモの姿も観察できます。

オオシマザクラ

オオシマザクラ(バラ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/03/27 更新日:2018/03/28


オオシマザクラの開花が始まり、サクラの咲く季節が始まりました。

ダンコウバイ

レンギョウ(モクセイ科)の花が見ごろです。

写真撮影:2018/03/23 更新日:2018/03/23


あたたかくなり、いろいろと花も咲き始めました。黄色い花のレンギョウが見ごろです。

オオジュリン

オオジュリン

宍道湖グリーンパーク ビオトープ池

写真撮影:2018/03/23 更新日:2018/03/23


 冬鳥のオオジュリンの頭が黒くなってきていました。 オスの夏羽は頭部が黒くなります。春を迎え、そろそろ 繁殖地に向かって渡っていくのでしょうね。

ダンコウバイ

ダンコウバイ(クスノキ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/03/11 更新日:2018/03/12


ダンコウバイの黄色い花が咲き始めました。

ウメ

ウメ(バラ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/03/07 更新日:2018/03/07


ウメの花のかすかな香りで、咲いていることに気づきました。

アセビ

アセビ(ツツジ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/03/01 更新日:2018/03/01


アセビの花が咲き始めているのに気づきました。

ツグミ(亜種ハチジョウツグミ)ツグミ(亜種ハチジョウツグミ)

ツグミ(亜種ハチジョウツグミ)

写真撮影:2018/02/12 更新日:2018/02/14


顔から胸がだいだい色で背中が灰褐色のツグミ (亜種ハチジョウツグミ)が観察されました。

ミソサザイ

ミソサザイ

写真撮影:2018/02/09 更新日:2018/02/14


ウグイスの地鳴き(チャッ、チャッ)に似た声が聞こえたのでじっとしていると、垣根から出てきてくれました。 ミソサザイは島根県でも繁殖している鳥です。繁殖時期は山地の渓流沿いに生息しており、きれいな声でさえずります。

ヒヨドリ

ヒヨドリ

写真撮影:2018/02/09 更新日:2018/02/14


ムクドリの群れと一緒にセンダンの実を食べていました。

シロハラ

シロハラ

写真撮影:2018/02/09 更新日:2018/02/14


ムクドリ、ヒヨドリよりも目立たない場所でセンダンの実を食べていました。

大雪大雪

大雪

写真撮影:2018/02/08 更新日:2018/02/14


駐車場に車を止められないほどの雪が積もりました。 野鳥観察舎前で測ったところ、積雪量は40cmでした。

つららつらら

つらら

写真撮影:2018/02/07 更新日:2018/02/14


連日の寒さで、とても長いつららができていました。 取るときに少し折れてしましましたが、60cm以上ありました。

タゲリ

タゲリ

写真撮影:2018/02/07 更新日:2018/02/14


連日雪が続く中、グリーンパークから見える湖岸で40羽を越えるタゲリの群れが見られました。

ハマシギ

ハマシギ

写真撮影:2018/02/07 更新日:2018/02/14


タゲリの群れと一緒に湖岸で見られました。

ハクセキレイ

ハクセキレイ

写真撮影:2018/02/07 更新日:2018/02/14


園内の池の浅瀬でハクセキレイが採食していました。

タシギたち

タシギたち

写真撮影:2018/02/07 更新日:2018/02/14


ハクセキレイと同じく、園内の池で採食していました。 タシギの仲間は見分けが難しいのですが、1羽はこの後、羽を広げ白い翼帯が見えたため、タシギだと分かりました。

メジロ

メジロ

写真撮影:2018/02/06 更新日:2018/02/06


 数日前から園内に2羽くらい来ているなと思っていましたが、積雪が増えた今朝は6羽余りに増えていました。ほかにエナガ3羽とウグイス1羽がいっ しょに移動していました。

ムクドリ

ムクドリ

写真撮影:2018/02/06 更新日:2018/02/06


積雪が増えた今朝は、まだたくさん枝先に実が残っているセンダンの木に30羽余りが集まっていました。11月頃に黄色く熟したセンダンの果実はまだまだ残っています。

長いつらら

長いつららができていました。

写真撮影:2018/02/06 更新日:2018/02/06


野生生物研究所の屋根の軒先に40cmくらいのつららがいくつもぶら下がっていました。

マンサク

マンサク(マンサク科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2018/01/31 更新日:2018/01/31


今日は氷がはるほどの低い気温でしたが、マンサクの花が開き始めているのに気づきました。

クビキリギリス

冬なのに虫!?

写真撮影:2018/01/14 更新日:2018/01/15


グリーンパークの入口付近でクビキリギリスを見かけました。バッタやキリギリスのなかまとしては珍しい、成虫の姿で冬を越す昆虫です。春はまだまだ先ですが、無事冬を越せるでしょうか?

大山とヒシクイ

大山とヒシクイ

写真撮影:2018/01/14 更新日:2018/01/14


数日前からしばらく雪が続いていましたが、今日は穏やかな天気になり、対岸の景色がよく見えました。グリーンパーク前の湖岸で、白くなった大山を写していたら、ヒシクイが7羽飛んでいきました。

ヤブツバキの花

ヤブツバキ(ツバキ科)の花が咲き始めました。

写真撮影:2017/12/28 更新日:2017/12/28

 

花を見ることがあまりできない季節なので、一際目立っています。

グリーンパークからの大山

グリーンパークからの大山

写真撮影:2017/12/15 更新日:2017/12/15

 

久しぶりに天気が良い日でした。 昼頃から大山がとてもきれいに見えました。

池の氷

池に氷がはっていました。

写真撮影:2017/12/15 更新日:2017/12/15

 

園内の池に薄くですが、氷がはっていました。 今日は晴れて日差しもあったので、すぐにとけてしまいました。 本格的な冬に入ったことを実感しました。

ヤツデの花

ヤツデの花

写真撮影:2017/12/7 更新日:2017/12/7

 

日に日に寒さが増していますが、ヤツデにとっては花を咲かせる季節です。園内のヤツデもボール状に白い花を元気に咲かせています。

宍道湖の虹

宍道湖の虹

写真撮影:2017/11/15 更新日:2017/11/15

 

夕方の宍道湖に現れた虹です。これから冬にかけて虹が多く見られる時期になります が、ここまでつながった虹はなかなか見ることが出来ません。

アキアカネ

アキアカネ

写真撮影:2017/11/6 更新日:2017/11/6

 

暖かな日射しの中、赤とんぼが元気に飛び回っていました。連結して飛行しているペアもたくさん見られました。

アトリ

アトリ

写真撮影:2017/11/2 更新日:2017/11/2

 

 10月下旬から園内でも数羽~十数羽の群れが現れています。最近、ほかのところでも数十羽くらいの群れをいろいろなところで見かけるので、今、渡ってきている群れが、移動の途中にグリーンパークにも立ち寄っているものと思われます。

コハクチョウ

コハクチョウ

写真撮影:2017/10/27 更新日:2017/10/27

 

グリーンパークから見える宍道湖の湖面にコハクチョウがやってきました。何度も逆立ちをしながら水草を食べていました。今シーズン、グリーンパークでは初記録となります。

シメ

シメ

写真撮影:2017/10/26 更新日:2017/10/26

 

今朝、園内を歩いていると、鋭く「ツィー」と鳴く声がありました。声のした方に行ってみると、梢にシメが止まっていました。昨日から冬の小鳥たちが次々と姿を見せてくれるようになっています。

オナガガモ

オナガガモ

写真撮影:2017/10/25 更新日:2017/10/25

宍道湖ではどちらかというと秋の渡りの時期に大きな群れが見られます。宍道湖に水草が増え、グリーンパークでは、昨年の秋から湖岸で逆立ちして採食する群れがよく見られるようになっています。

キクイタダキ

キクイタダキ

写真撮影:2017/10/25 更新日:2017/10/25

 

今朝から、細くて高い「ツッ ツッ」という鳴き声が聞こえていたので、注意して見ていたら、4羽くらいでしょうか。木の枝葉の中を移動しながらなにかついばんでいるようでした。

ジョウビタキ

ジョウビタキ

写真撮影:2017/10/25 更新日:2017/10/25

 

今秋、初めて園内でジョウビタキを見ました。冬の小鳥の姿を見ると、マガンやコハクチョウの初飛来や、次第に増えるカモの群れと同様、毎年、冬へと移り変わっていく季節を実感します。

トラマルハナバチ

トラマルハナバチ

写真撮影:2017/10/18 更新日:2017/10/19

 

園内のホトトギスの花を訪れていました。全身を長い毛に覆われた姿は、まるでふわふわのぬいぐるみのようです。

オオバンとカモの群れ

オオバンとカモの群れ

写真撮影:2017/10/14 更新日:2017/10/15

 

少し前から湖岸の島の向こう側にオオバンとカモの群れが見られるようになりました。 オオバンといっしょに水草を食べていたのは、だいたいヒドリガモでしたが、よく見るとオナガガモやハシビロガモ、コガモなどもいました。 (写真の手前はカルガモとマガモです)

ツルシギ

ツルシギ

写真撮影:2017/10/11 更新日:2017/10/11

 

ビオトープ池のアオアシシギは18羽となり、まだセイタカシギも飛来していました。ヨシのすきまから見ると、その中にツルシギも1羽混じっていました。 ビオトープ下池は、水鳥のために池の周りにヨシが帯状に生育するようになっています。無理に近づかず、遠くから観察するようにしましょう。展望デッキや観察舎の2階からも観察することができます。

セイタガシギ

マガン

写真撮影:2017/10/04 更新日:2017/10/04

 

宍道湖で今シーズン初飛来が確認された日の夕方に、早速グリーンパークの北側の田んぼの様子を確認するように上空を一回りして行きました。

セイタガシギ

セイタカシギ

写真撮影:2017/10/04 更新日:2017/10/04

 

一昨日からの雨で少し水かさが増えたビオトープ池にセイタカシギが1羽入っていました。アオアシシギ8羽と一緒に岸辺で休息していました。

トノサマバッタ

トノサマバッタ

写真撮影:2017/10/01 更新日:2017/10/02

 

園内の草地で見かけました。「殿様」の名前通り、大きくて貫禄のあるバッタです。他にもクルマバッタモドキやショウリョウバッタなど、いろいろな種類のバッタが元気に飛び跳ねていました。

シュレーゲルアオガエル

コガモの群れ

写真撮影:2017/09/29 更新日:2017/09/29

 

4-5日前からビオトープ池に40-50羽くらいのコガモの 群れが見られるようになりました。

シュレーゲルアオガエル

シュレーゲルアオガエル

写真撮影:2017/09/25 更新日:2017/09/27

園路をぴょんぴょんと横切っているところを見かけました。アマガエルと少し似ていますが、ひとまわり大きく、目の横に黒い線はありません。大きめの吸盤がかわいいカエルです。

ビオトープのシギ

コガモ

写真撮影:2017/09/22 更新日:2017/09/22

 

一面にコナギがびっしり生えたビオトープ中池にコガモが4羽こっそり(?)入っていました。 池のコナギは、本格的な冬が来る前にはカモたちに食べられてまた水面が広がるようになると思われます。

ビオトープのシギ

シマヘビ

写真撮影:2017/09/20 更新日:2017/09/21

 

園内のクヌギの森で見つけました。名前の通りのはっきりしたしま模様が特徴的な個体です。 午前中にはもっと大きな個体も見かけました。

ビオトープのシギ

アオアシシギ

写真撮影:2017/09/12 更新日:2017/09/12

 

今朝のビオトープ池はアオアシシギが5羽飛来していました。 秋の渡りの季節ですね。

ビオトープのシギ

ソリハシシギ

写真撮影:2017/09/08 更新日:2017/09/11

シギの姿が見られるようになってきたビオトープ池。 その種や数は日替わりメニューのようです。 この日はソリハシシギが4羽見られました。

ビオトープのシギ

ビオトープ池のシギ類飛来

写真撮影:2017/09/06 更新日:2017/09/06

 

水位が下がって表面に泥地が見えている下池に渡り鳥のアオアシシギ、ソリハシシギ、ジシギのなかまが、それぞれ2羽飛来していました。

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン(キキョウ科)が咲いています。

写真撮影:2017/09/04 更新日:2017/09/04

 

草原ゾーンで見ることができます。

ヒヨドリ

なにを食べているのかな?

写真撮影:2017/08/13 更新日:2017/09/01

水場に置いている自動撮影カメラには、ときどき思いがけないものが写ります。 8月分の写真を見ていくと、その中になにかをくわえているヒヨドリが写っていました。 連続写真を見ていくと、どうやらアブラゼミのようです。 ヒヨドリにしては大物のようで、けっこう苦労していたようでした。

スズメ砂遊び

スズメ砂遊び

写真撮影:2017/06/25 更新日:2017/09/01

実は、夏になると特に、園内の砂地にすりばち状の穴が多くなるのですが、これはス ズメの砂浴び跡。スズメたちの邪魔にならないように、自動撮影カメラをセットして撮影してみました。

サワヒヨドリ

サワヒヨドリ(キク科)が咲いています。

写真撮影:2017/08/30 更新日:2017/08/31

園内湿地ゾーンで見ることができます。